ほりすのブログ

21歳女性エンジニアほりすのブログです

【初心者向け】Laravel6.0でログイン機能を実装する方法まとめ

2019年よりLaravelのバージョン6.0が出たのですが、ログイン機能を一発で実装できる魔法のコマンド

$ php artisan make:auth

が、廃止されました。。。涙

そこでLaravel6.0でのログイン機能の実装方法について解説します。

Laravel6.0でのログイン機能実装

Laravel/uiをインストール

$ composer require laravel/ui

を実行。
その後、

①Vueで実装する場合

$ php artisan ui vue --auth

②Reactで実装する場合

$ php artisan ui react --auth

どっちでも大丈夫。

そしたら

$ php artisan migrate

でマイグレーションを実行。
その後、本当は

$ npm install

っていうコマンドを打ちたいのですが、多分使えないと思うので、使えるようにするためにNode.jsをインストールします。

nodejs.org

基本的に全部「Next」を押してればインストールされます。
「Completed the Node.js Setup Wizard」
と表示されればOKです。
試しにコマンドプロンプトに戻って

$ node --version

を実行してみましょう。バージョンが表示されれば成功してます。
でも必要なのはnpmというコマンドでしたね。では試しに

$ npm --version

を実行してみて下さい。バージョンが表示されればOKです。
では本題の

$ npm install

を実行しましょう。インストールは時間がかかるので気長に待ちます。

もしもここでまだnpmが使えない、という方は、Pathが通っていない可能性があります。
(「パスを通す」とは、コンピュータにファイルのある場所を教えてあげることです。これを設定しておけば、どこからでもコマンドで呼び出せるようになります。)
コントロールパネル→システムとセキュリティ→システム→システムの詳細設定→環境変数と辿って、システム環境変数Pathを追加します。
変数名が「Path」の、「変数値」のところにnpmのフルパスを入れましょう。
環境変数を追加した場合は必ずコンピュータを再起動して下さい。

再起動後、

$ npm install

を実行してみましょう。通ってるはずです。

では最後に

npm run dev

を実行して、localhostにアクセスすると ログイン機能の完成です。

ググりながらでも良いですが、初めてLaravelを扱うのなら技術書の購入がオススメ。
実際に私が使った本を紹介しておきます。

なかなか分かりやすかったので買ってみるといいかも。
では。

あわせて読みたい

www.horisublog.com