ほりすのブログ

21歳女性エンジニアほりすのブログです

「中古ドメイン」、SEOには強いが悪用の危険も…!?

f:id:smilehoris:20190829232702j:image

こんにちは、21歳エンジニア兼ブロガーのほりすと申します。

最近PHPが書けるようになってきて嬉しいので誰かにコード見せびらかしたい。

 

さて。

 

ブログを始めるにあたって用意しなくてはならない「サーバー」と「ドメイン」ですが

今日はこの「ドメイン」についてのお話です。

 

ドメインって何wと疑問に思う人のために、そもそもドメインとは何なのかから、中古ドメインのメリット・デメリットについてお話ししていきます。

 

ドメインとは?

f:id:smilehoris:20190828215957j:image

ドメインとは上の画像の通り、www.の後に続く文字列のことです。

インターネット上での住所にあたります。

お家建てる前に土地を買ったり借りたりしなきゃいけないのと同じで、ドメインもお金を払って借りる必要があります。

 

中古ドメインとは?

中古ドメインとはその名の通り、誰か他の人や企業が使用していたドメインのとこです。

ドメインはお金を払い続ける限り使えますが、逆にお金を払うのをやめれば失効します。

その失効したドメインは、一定期間置けば再び使用できるようになります。

そのため大企業が使っていたドメインがオークションに売りに出されたりするのです。

 

中古ドメインのメリット

中古ドメインのメリットはただ一つ。

それはSEOに強いことです。

SEOというのは検索エンジン最適化のことで、簡単に言うと、Googleを使って何かしらのキーワードで検索をかけた時に、上の方に表示されやすくすることをいいます。

以前使われていたサイトのドメインパワーを引き継ぐことができるので、元のサイトが有名であればあるほど良いということです。

 

実際に、ファミリーマートに買収されたコンビニ「サークルKサンクス」の公式サイトで使用されていたドメイン「circleksunkus.jp」が、オークションでなんと約6000万で落札された事例があります。

有名なドメインは有力なぶん、値段もかなり高騰するんですね…。

(ちなみにサークルKを買収したファミマはオークションには関与してないみたいです。誰か他の人が一度買った後に転売したんですかね。)

 

このオークションは「お名前.com(ドットコム)」というサイトで行われました。常時たくさんの中古ドメインが市場に出回っているので興味のある方は調べてみて下さい!

 

中古ドメインのデメリット

もちろん出回っている中古ドメインの全てが優良なわけではありません。過去にペナルティを受けていた可能性も考えられます。

そのため、もし中古ドメインを購入した後に、そのドメインが過去にペナルティを受けていたことが発覚した場合、新たなサイトに置き換わったことをGoogleに報告しましょう。

具体的には、再審査リクエストを送信する際に、現在のサイトはGoogleのガイドラインに準拠していることを報告します。

そうすれば大丈夫なのですが……購入した中古ドメインが過去にペナルティを受けていたことに気が付かないのがいちばん怖いです(> <)

中古ドメインを購入する際には必ず調べるようにしましょう…!

 

また、手放したドメインは第三者が購入できることを知らない企業や団体は多いです。それを狙って中古ドメインを入手した第三者が、フィッシングサイト等にドメインを悪用するというケースもあります。

アクセスすると警告音が鳴ったり、アダルトサイトやお金を請求するようなページに勝手に遷移したり…。

大きな企業や団体は安易にドメインを手放してはダメですね(> <)

 

まとめ

中古ドメインのメリットデメリットをお伝えしてきましたが、

過去にペナルティを受けていないドメインであれば中古ドメインは有功。

と、まとめさせて頂きます。

オークション等を覗いて迷っている方は、その中古ドメインをよく調べてから考えるようにしましょう◎

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

ほりす