ほりすのブログ

21歳女性エンジニアほりすのブログです

【挫折も経験】私が未経験から5ヶ月でフリーランスのエンジニアになるまで

こんにちはほりすです。

初めましての方もこんにちは。エンジニアやってる21歳なりたての女です。

 

今日は自己紹介がてら、知識皆無の未経験からフリーランスのエンジニアになるためにしてきた行動について話そうかと思います

 

最後までお付き合い頂ければ幸いです。

 

まず自己紹介ですが、出身は静岡県で、最近でいうところの”自称進学校”に通っていました。

高1の頃から早稲田大学を第一志望としていて、うまいこと成績も取れていたので、指定校推薦で早稲田大学の先進理工学部(化学生命化学科)に入学しました。

しかし新歓で出会ってしまったテニサーに1年間うつつを抜かし、大学1年の頃はろくに勉強せず大学にも行かず、成績はボロボロでした。

そんな中で迎えた大学2年の春学期、FORTRANプログラミングという講義が選択必修にあったので楽そうだなーと思って取りました。これがプログラミングとの出会いです。

半年講義を受けてみて、難しいし出来ないしなんやこれと思う反面、化学なんかより全然楽しいじゃん、とも感じていました。

 

 

そして大学2年春学期の成績発表、FORTRANの単位は取れたものの他は今までにないくらいそれはもう落としに落としまくりました。私が落としたというより重力に忠実に落ちました。つまんないこと言ってすみません。

大学2年の春学期は自分の中でもけっこう勉強した方で、それでも単位を取れなかったことが悔しくて、金沢旅行中に挫折を味わいました。成績発表の日がちょうど金沢旅行2日目だったって話です。なんでその日程にしたんだ。

成績に病みつつ、そんな中で始まった2年秋学期の実験に病みつつ、塾講師のプレッシャーについに負け、引きこもりがちになりましたw

そんなメンタルの中再び出会ったのがプログラミングでした。

どんな形で「やってみようかな」って気持ちになったか、肝心なところを全く覚えてないのですが、確かなことは『フリーランス』という働き方に憧れを持ったこと。いつか自宅で好きな時にパソコン開いてお金稼げたらなんていいだろうって想像したんです。

最初は軽い気持ちで某エンジニア塾の無料体験レッスンを謳った入塾準備みたいなのに行きました。そこでIT業界について色々話を聞き、とりあえずは独学で始めてみることに。

でも独学って結構厳しくて。

言い換えれば、誰にもやれと言われてないのに自主的に、先生も聞ける人もいないのに知識や技術を身につけようとしているわけです。

やっぱ気軽に聞ける人も欲しいし、それ以前にまず何をすればいいか、どうやって勉強したらいいか教えて欲しいし、なんなら毎週宿題とか出してくれた方がペースメーカーにもなるし、サボらずできるんじゃないかと考え、結局某エンジニア塾にお世話になることにしました。

そこで私の講師となったのは現役フリーランスのRubyエンジニア。カリキュラムを作ってもらい、宿題も出してもらいながら勉強を始めました。具体的にした勉強を下にまとめます。

 

1月(独学期間)・・・Progateというプログラミング学習サイトでHTML,CSS,JavaScript,jQuery,Ruby等を何周も繰り返し勉強

2月前半・・・某エンジニア塾スタート。ドットインストールでHTML,CSSを学習し、Instagramのログインページを実際に模写して作ってみる。

2月後半・・・「たのしいRuby」という本でRubyの書き方をざっくり学ぶ。

3月・・・Rails Tutorialを一通りさらうことでRuby on Railsの使い方を学ぶ。

4月・・・オリジナルのWebアプリケーションを実際に開発する。(ちなみに作ったのはプログラミングスクール検索サイトで、スクールの情報を載せてキーワード検索機能や言語で絞り込みができるような機能を付けました。いつかポートフォリオを作ったらお見せします。)

 

と、こんな流れでエンジニア塾のカリキュラムが終了しました。その後なんと、講師の方に腕を見込まれ、先生と生徒ではなくビジネスパートナーとして、私がフリーランスエンジニアになる支援をしてもらえることに。

具体的には、営業マンを紹介してもらいました。素人の月並みな感想で申し訳ないのですが、『すごい人』という印象を受けました。

その営業マンと話をして、まずはRubyの案件を探してもらったのですが、

 

5月というのは1年で2番目に案件の少ない月だそうで、、、。未経験でフリーランスとして参画できるRubyの案件は見付かりませんでした。

そのため私は他人事のように「じゃあWeb系ならなんでもいいです」と適当なことを言ったら、すぐ3つくらい案件持ってきてくれました。仕事早くて引きました。

その中の正社員の案件とフリーランスの案件の2つの面談を受けに行きました。

面談では、大学で化学を勉強していたがプログラミングに興味を持ってIT業界に飛び込みたくなったこと、エンジニア塾でオリジナルWebアプリケーションを一人で作るくらいのスキルが身に付いたこと、この2つを主に話しました。

面談は割とカジュアルで、大企業の採用面接なんかの0.01倍くらい緊張しました。大企業の面接、受けたことないですけど。

結局両方から内定をもらうことができ、色々考えた上で、フリーランスエンジニアとして6/1からデビューすることになったわけです。

 

めでたい!

 

ちなみに今やってるのはスクリプト開発です(JavaScriptとHTML)。JavaScriptについては完全初心者ですが、周りの人達に教えてもらいながら仕事をしています。

 

以上これが、私が未経験からフリーランスのエンジニアになるまでの道のりでした!最終的にかかった歳月は5ヶ月でした。大学卒業(4年間)よりははるかに短い期間で仕事を決めることができたわけですが、個人的には長い道のりだったなあと思います。

 

とりあえずスタート地点に立てたわけなので、これからもっと頑張ろうと思っています!(具体的なことはこれから発信していきます。)なので良ければこれからもほりすのブログ覗きに来てくれると嬉しいです(;_;)

 

とっても長くなりましたが、、最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

 

 

ほりす